エレクトリックギターて何?

エレクトリックギター(エレキギター)は、現代の音楽シーンには欠かせない楽器です。ギターときくと大半の人はエレクトリック・ギターを思い浮かべるんじゃないでしょうか。
原理としては、弦の振動をピックアップで音を電気信号に変え、ケーブルでつないだギターアンプから音を出します。
ギターアンプをつないでいないと結構なさけない音です。
エフェクターなどを通すと簡単にギターの音質を変えられるところも魅力のひとつでしょう。
ロック、ジャズだけでなく幅広い場面で使われています。

エレキギターというと、通常はソリッドタイプのギターです。
ソリッド(中身の詰まった)という言葉通り、木材の板がそのままギターのボディになっています。
クラシック・ギターとかフォークギターのように、ギターのボディに中空の共鳴胴がありません。
エレクトリックギターは、1920年代後半から数多くの製造業者によって作られていました。
しかし、それらの多くはギターの胴体の部分が中空の、ホロー・ボディと呼ばれる構造のギターでした。
ソリッドボディのエレクトリックギターが発表されたのは1949年のこと。フェンダー社のエスクワイヤーというギターでした。

ソリッドボディのギターはボディーのデザインの自由度が高く、時々とんでもない形のものが出てきます。
ボディの材質もアクリルのものもあったりします。
また、ピックアップやブリッジ、サーキットなども簡単に変更が可能です。
なので、中古ギターなどではまれに、わけのわからない改造された部品がついてることがあります。
場合によっては、不釣合いに高価なパーツがついてるギターもあるようです。

代表的なギターメーカーに海外には、ギブソン、フェンダー、グレッチ、リッケンバッカーがあります。
国内ギターメーカーでは、ヤマハ、アリア、アイバニーズ、フェルナンデスがあります。




出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。