スタインバーガー

1979年に発売されたGLシリーズは、これまでのエレキギターの概念をぶち壊す、きわめて衝撃的なモデルです。
削りだしのカーボングラファイト製のボディに、ヘッドレスのネックを組み合わせた、きわめてコンパクトなシルエット。
小さすぎるために失った安定性を保管する折りたたみ式のレッグレストなど、工業デザイナーのスタインバーガー氏の思想を形にしたともいえます。
また同時期に発売されたエレキベース(XL Series)は、スペクター社製のスペクター NS-2とともに、80年代のベースデザインの革新を切り開きました。
スペクター NS-2、じつはこのデザインもスタインバーガー氏です。
その軽量なボディは激しいプレイを支えるとともに、きわめて安定した音階でプレイヤーを魅了しました。
その後、ボディにウッドを採用した廉価モデルやダブルカッタウェイボディのモデルを追加しました。
また、腰にかかる負担を軽減させるためのボディシェイプを持った、クラインというモデルもあります。
ギブソン社に買収されたあと、生産中止となりました。
が、再度独立して販売されています。

海外のプレーヤーではスティーブ・ハウ、ラリー・パクストン、マイケル・ヒルが、国内では渡辺香津美の使用が有名です。


http://www.steinberger.com/default.html
S T E I N B E R G E R . C O M

http://www.spectorbass.com/
Stuart Spector Designs, LTD.

http://thinkns.com/
NS DESIGN
nedsteinberger.com
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。